大手だけじゃない


一時大手建築会社が次ぎ次と手抜き工事が明らかになり、摘発を受けるという時期がありました。大手だから安心だと過信してはいけないとの教訓と受けとめたユーザーも多かったのではないでしょうか。総合建築会社になると土地探しから一貫して自分たちで手がける所も多く、中間マージンがない分だけ他よりも安い経費であがる事もあります。すべては職人の腕次第となります。

どれだけ腕の良い職人を持っているかによって信頼できる家を持てるかどうかが分かれるところです。地域密着型の工務店は腕一本で信頼を得てきたような、堅気なところも確かに多いのですが少人数でやる分施工日数が増えるという事もあります。結局高くついてしまう事もあります。ですから大手だから安心というのはオススメできる選択とは言えません。

仕事ぶりを意外と人は見ていますから近隣の評判を聞いてみるのもオススメでしょう。会社によって得意・不得意はやはり建築した家に出てきます。個人住宅が得意というところもあればマンションなど大型建造物が得意という会社もありますし、漆喰塗りの家が得意というケースもあります。その会社が手がけた完成品を見てみるのは有効です。自分が目指す方向性と合致しているかどうかも重要ポイントです。どの場合でも実績がある店は、どのようなケースでも柔軟に対応してくれる事も多いですから、この点は一番の着目点です。

オススメの建設会社


建設会社は個人経営の工務店、大手ホームメーカー、大中小の総合建築会社と様々ありますが、いずれの場合もメリット・デメリットありますから最終的にはお互いの信頼関係になります。個人工務店ですと地域密着型の経営をしているところも多く、親の代からひいきしているという所もあります。若干値がはるのと施工期間が長くなる事もあります。

大手ホームメーカーは多くの工務店を下請けにして工事の全面を依頼しているケースが多く、関係機関に支払う手数料すなわち中間マージンが経費に追加されている事も多く、やはり若干高額になるケースが目立ちますが、万が一の保障はしっかりしていますからある意味での安心感はあります

総合建築会社は大中小ありますが、土地選びから建築およびリフォームまでをすべて一貫して行っている場合が多いです。中間マージンがない分若干安い経費でできる場合も多いです。このように同じ建設会社でも様々ありますし得意分野というのもありますから、内覧会など物権を身近で見る機会があるならぜひ施工途中のものも見せてもらえれば安心感も違ってきます

ちなみに、分譲住宅販売の『ポラス』では、家造りのどの工程も下請け業者に任せていません。企画からデザイン、建造、メンテナンスまでを一貫しておこなっています。それぞれの分野の専門家が責任を持ってサポートしてくれますので、このような体制がしっかりした会社であれば安心して購入が出来るでしょう。

どの建築会社がいいかはケースバイケースで大手だから安心かと言えばけしてそうとも限らず、個人工務店に関しては職人の腕にかかってくると言えます。どのような買い物でも言える事ですが実績のある会社はあらゆるケースでも対応できる強みがあります

分譲住宅は職人が重要


分譲住宅であれ、マンションであれ実際に施工するのは職人です。昔で言えば大工職人たちですから災害に負けない丈夫な家を欲しいなら、腕の良い職人がてがけた家に住みたいと思えます。建て売り住宅と言った場合、大半はすでに完成した家を購入するわけですから、建築中の家を見る機会はほとんどないかもしれませんが、素材や技術に自信と誇りを持っている住宅会社なら、頼めば喜んで見せてくれる場合が多いですし説明もしてくれます。こういった会社なら安心して依頼できます。

ですがきちんと建てようと思えばそれなりの投資をしていますから、どうしても安くはならないのが難点です。高額な家が良いという事ではありませんし頼みもしないのに必要以上に丁寧すぎる作業をして値をつりあげる会社もありますから、注意をしてください。相場があっての費用となるわけですから他の多種多様な物件もみながら、納得のできる住宅に住みたいのが本音でしょう。

見積もりを出してもらった時に丁寧に細かく計算がされているようなら、少なくとも会計に関してはごまかしがないという事でしょう。売り手である住宅会社が全国展開しているような大手だと、運営部と施工部が縦割り式の組織になっていて中間マージンのコストが費用に大きく関与している場合も多いですから、一般に高めの傾向になります。しかしながら万が一のトラブルが発生した場合は保障がしっかりしていますから社会的信用の枠が違います。

それぞれの会社で得意・不得意が分かれるようです。もしも会社をキーポイントにするならお目当ての会社の方向性もリサーチすれば、なお安心です。